トレンドラインはひかない

トレンドラインとは

トレードを学ぶ上で、恐らく最も初期に目にするのがこのトレンドラインの引き方だと思う。
トレンドラインの引き方はさすがに誰でも分かるだろうが、自分へのおさらいのために。
上昇トレンドであれば安値と安値を結ぶ。
下降トレンドであれば高値と高値を結ぶ。
基本的には、ただこれだけのこと。
例を挙げると、下記の画像のような感じ。
教科書的には、このラインをトレンドに対する順張りに使うと書いてあることが多い。
しかし、実際にこれでトレンドライン付近でエントリーしていても、それだけで常勝なんてほど単純にはいかない。
順張りであれ、逆張りであれ実際に反発した時の取り幅と、反発しなかった時の損切り幅のリスクリワードを大きく取ることが重要になってくる。

ラインの曖昧さ

今となっては、こういう風にラインを引くことが無くなった。
当然、最初の頃は前日の安値や高値、始値や終値、とか色んなポイントにラインを引いていた。
しかし、画面内がぐちゃぐちゃになって見にくい上の、ラインが重なり合ってどこがポイントか分からなくなってきた。
それに、ラインの結び方も曖昧さを排除出来なかった。
水平に引くレンジやサポートはまだいいが、斜めなんてヒゲの扱い方や、上位足での少しのズレなどで、エントリーポイントが大きく違ってくる。
使い方が下手だったのはあるが、判断基準が増えてしまって、却って悪くなる結果を招いてしまった。
結局、一年と経たずに使わなくなった。
今は、トレンドライン代わりにEMAをラインに見立てている。
自分の引いた恣意的なラインよりも、確実にそこ一本で多くの人が共通して見ているから、こっちの方が断然しっくりきた。

ストップを意識する

多くの人がチャートを見ながら、目立つ高値や安値のポイントの近くに注文を入れる。
なのでライン付近でのストップが集中する所で価格は上下に走りやすくなる。
例えば、今上昇トレンドだとすると、順張りならストップはトレンドラインの少し下に置くだろう。
新しく買いで入りたい。トレンドラインに近づいてきて反発するのを見計らってエントリー。
すると、この時もまたストップはトレンドラインの少し下に置く。
逆にトレンドラインのブレイクで売りを狙っているとするなら、ストップはトレンドラインの少し上になる。
このように、マーケット参加者の思惑が入り混じって、トレンドラインの周辺にはストップが集まることとなる。
このどちらかのストップがついた時、その量が十分に多ければ、価格は大きく動くことになる。
基本的に価格がどう動くかはわからない。
トレンドラインで確実に反発するわけではないし、狙うにしてもどれだけ損切り幅を取るかは正解がない。
このストップでの攻防を何となく想像しながら、流れに付いていくことを考えている。

正解はない

結局のところ、ラインなんてものはトレーダーの頭の中に無数に存在している「見えないもの」でしかない、という結論になった。

実際、ラインを引かなくても慣れてくればチャートに勝手にラインが引かれてるように見えてしまうようになった。

慣れてくれば、多くの人が見るポイントが何となく分かるようになる。

価格が動くには多くの人の動きが必要になり、自分もそれに乗っていくことに集中する。

後はいかにリスクリワードを上げていくかを重視していった。

上手くいくときもあれば、そうでない時もなり、自分に合ったやり方はラインを引かずに、EMAにその役目を任せるということに落ち着いた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました